忍者ブログ
           since 2007/4/17 『どこの誰の曲か分からない。でもその音楽を聞いて何かが変わった。』                 人に影響を与えられる、そんな音楽を作っていきたいです。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。





 帰り道にこんなの見つけました





     



 いや〜もう、クリスマスですよね トナカイと仲良く




 んでさ、帰り道また前を通ったら…



     




 もうさ、ずっこけるかと思いましたよ!(爆)




 どうします??




 子供が




 『ママーーーーーーー サンタさんがぺっしゃんこになってるーーーーーーーー



 なんて言われたら…




 なんて答えます




 『サンタさん、疲れたから、お風呂入りに、服脱いで家に行っちゃったのよ



 なんて、あまりにもリアルすぎるし…




 『お店の人が空気抜いたのよ!空気が抜けたのよ




 なんて、あまりにも夢壊し過ぎやし…





 そう考えたら、私はまだまだいい『ママ』にはなれないなって思いました(笑)


拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
           
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
無題
by Tommy  2008/12/22 15:43 編集
ほんとだね。
私はなんて言うんだろうか…??

逆に聞くかな。
いなくなったサンタさんどこいったのかな??
って子供と一緒に考えたり、聞いたりするかな。
そのとき子供が口にしたことを、信じてあげたり、そっか!!って一緒に納得してあげたいかな。

とまじめに自分がこれからママになるし…と考えてしまった(笑)
    
Re:無題
2008/12/26 16:45
いや〜、ですよね! 子供と一緒に考えてあげるのが一番いいですね^^ 私も早く子供ほしー!!笑
無題
by A-NOD 2008/12/23 10:20 編集
 この前目黒からバスに乗ったら、3歳くらいの女の子が、車内放送について「どーして?」を連呼していました。例えば始発停留所で“あと3分でバスが発車します”というと「どーして?どーしてあと3分ていうの?」とか“このバスは上野毛(かみのげ)駅経由、三軒茶屋行きです”というと「どーして上野毛駅経由って言うの?」とかいった次第。
 すると弟連れの、買い物帰りと思われるお母さんは、前者については「いきなりバスが出たらびっくりするから、もうすぐ出発しますよ、ってみんなに教えてあげてるのよ」とか「途中上野毛で降りる人が多いから、上野毛を通りますよ、と言ってるの」とか、面倒がらずに答えてあげていました。
 こういう時は邪険にせず、きちんと接してあげるべき、と何かで聞いたことがあります。しかも「どーして?」を連発するということはそれだけ色々な物事に興味を持ち始めていることになるし、大人から自分の質問に答えてもらう中で論理性も身についていくらしい。
 そういえば、オレも昔「何でボクが歩くと雲もついてくるの?」とか色々聞いたっけ、と妙に微笑ましくなりました。
    
Re:無題
2008/12/26 16:50
いや〜子供って本当かわいいですよね(^^) まじで、ほのぼのする!! 私もこの年で、よくPに『あれは何で?』『これは何で?』って聞いてます! その時の丁寧な答えに『大人だな〜』ってよく思ってます(笑) 
てか、「何でボクが歩くと雲もついてくるの?」とかかわいすぎ(>v<) めちゃめちゃかわいい!! 想像するだけで、まじ癒される!!!
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
バーコード
プロフィール
HN:
香蓮
HP:
性別:
女性
職業:
シンガーソングライター
趣味:
料理・読書
自己紹介:
明日死ぬかもしれんから、毎日後悔しないように生きたいです。

性格:すぐ凹む、泣き虫
好きな動物:ネコ
怖いもの:くじら/注射/おばけとかホラー映画
健康の為にしてる事:養命酒を寝る前に一杯飲む

ブログ内検索
Copyright ©  -- 香蓮のブログ  --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Material by White Board

忍者ブログ  /  [PR]